Vinos Yamazaki’s blog

蔵直(R)ワイン専門店ヴィノスやまざきのスタッフがお送りするダイアリーです。

【蔵直Ⓡワイン定期便】5月銘醸赤ワインコース

5月も半ばを過ぎ、青空もまぶしく若葉の緑が目にしみる季節となりました。
ヴィノスやまざきでは、少しずつ遅れていた入荷便も到着し始め、これからの季節におすすめのワインをご紹介させていただいております。ぜひ、各店舗、WEBショップをのぞいていただければ幸いです。

さて、今月の銘醸赤ワインコースは、オーストラリアの大人気蔵元の通常店頭ではご案内していない、プレミアムな飲みごたえたっぷりの赤ワインをお届けします!
商品入荷の関係でお引き渡しが遅くなり、大変申し訳ございませんでした。

赤:サン・ペトリ シラーズ カリニャン

ストーリー
これらのワインを造るのは、当店でも特にコストパフォーマンスに定評のある、オーストラリアの蔵元「カラブリア・ファミリー・ワインズ」です。
衝撃の価格と美味しさで人気の貴腐ワインや、1,000円で驚きの濃厚さを誇るうま得赤白ワインでご存じの方も多いかもしれません。

もともとヴィノスやまざきとの出会いは、15年以上前にさかのぼります。
現地を訪れ、オーストラリアワインの直輸入を開始しようと考えていた際に、「家族経営でコストパフォーマンスが高く、こだわりワインを手掛ける蔵元がある」と伺い、直接現地を訪問しました。

実際に、現地を訪れると、伝説的醸造家のビル・カラブリアさんを筆頭に、三人の兄弟が力を合わせワイナリーを切り盛りする家族経営の蔵元だったのです。
そして、多種多様な品種から生み出された深い味わいと、何よりもそのコスパの高さに脱帽。即、輸入を決断しました。

それから月日が経ち、今ではヴィノスやまざきと共に蔵元も成長し、その品質をどんどん高め、世界的なコンクールでも高得点を獲得するまでとなりました。

特に彼らの代表作の一つ、どうやったらこんなに美味しい貴腐ワインがこの価格で実現するのかと思うほどの「スリーブリッジス貴腐ワイン」は、日本最高峰のワインコンクールJapan Wine Challengeで過去二度に渡り最高賞を獲得するほど。

今では、「日本のお客様のためなら!」とヴィノスやまざきのオリジナルワインを造ってくれる関係を築くことができたのは、日本のお客様が彼らのワインを長年に渡り愛してくださったからだと思います。

今回、彼らのプレミアムワインをお分けいただくことができましたので、定期便会員様に特別にお届けいたします!

「サンペトリ」は、チーフワインメーカーのエマ・ノルビアトさん(昨年は日本に初来日していただきました!)のもと、プレミアムなバロッサ・ヴァレーの果実から手造りで生み出される、カラブリア・ファミリーのトップワインの一つです。

このワインの名前は、バロッサ・ヴァレーのぶどう栽培の歴史を見守り続けた、「サン・ペトリ・ルーテル教会」から名づけられました。
1867年に最初の協会が建設されたというこの教会は、バロッサの人々の支えとなってきたと言います。(ラベルにもうっすらと刻まれています)

低収量の古木のぶどうと、驚くべき土壌、卓越した技術とエレガンス、バロッサ・ヴァレーのぶどう畑のテロワールを存分に表現します。
すでに地元および国際的な賞を獲得し始めていますので、今後さらに入手が困難になる可能性も…

エマさん曰く、
「出来上がったワインはシルキーで風味が豊か、なめらかでシームレスにバランスが取れており、バロッサ・ヴァレーの伝統を感じることができます。私の一番のお気に入りのワインです。」
とのこと!

バロッサ・ヴァレーの中でも特に高評価のエリアにあるカラブリア・ファミリーの「ウィリアム・ヴィンヤード」は、彼らのトップのぶどう畑です。

ぶどうの一部は1914年頃に植樹された樹齢100年を超える古木から手摘みで収穫。

フレンチオークの木樽で18ヶ月間樽熟成され、醸造家により個別の樽の味わいを確認し、素晴らしい味わいの樽をブレンドします。
今飲んでも美味しいですが、これから10年は見事に熟成することが可能とのこと。

このワインを造る、カラブリア・ファミリーのアンドリューさんからメッセージが届きましたので、ご覧ください!

www.youtube.com

商品詳細
赤【サンペトリ シラーズ カリニャン】
サン ペトリ シラーズ カリニャン

 サン ペトリ シラーズ カリニャン
味わい:ダークチェリーの風味にカシス、スパイスとココアのニュアンス。濃密でリッチな果実味の印象です。ダークチョコレート、フレンチオーク、きめ細かいタンニンが口の中で鮮烈に感じられます。重厚でありながら絶妙なバランスを保ちます。
蔵元:カラブリア・ファミリー・ワインズ
産地:オーストラリア バロッサ・ヴァレー
品種:シラーズ、カリニャン
ペアリング:甘いスパイスを効かせた牛肉のメダイヨン、クリスピーに焼いた豚バラ肉のオーブン焼き、鴨のコンフィや季節野菜のグリルと合わせて。

最後に、次回6月のお引き渡しは、6月22日(土)の開始を予定しております。
※入荷の関係で引き渡し開始日や、引き渡し商品の変更が生じる場合がございますので、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

それでは、来月の蔵直Ⓡワイン定期便でお会いしましょう!